糖尿病

糖尿病の治療について

最近、なぜこれほど、生活習慣病が問題になってきているのでしょうか。

1点目としては生活習慣病がますます増えてきていることが挙げられます。

糖尿病を例に取ると、平成19年の国民健康・栄養調査結果では、「糖尿病を強く疑 われる人」は約890万人、「糖尿病の可能性を否定できない人」の約1320万人と合わせると実に2210万人にも上ります。この数字は40歳以上の方の3.5~4人に1人に当たります。

この方たちは生活習慣の指導や治療、もしくは定期検査が必要な状態と思われますが、平成14年にはそれぞれ740万人と890万人の合計1680万人でしたので、たった5年で約 1.3倍になったことになります。

2点目としてはこれらが動脈硬化を進展させ、いずれ脳梗塞や心筋梗塞といった、生活の質を落としたり最悪の場合は命をも奪いかねない病気の発症につながる可能性があるからです。

これらの理由から今、生活習慣病対策が、今後の国民の健康的で充実した生活を送 るために重大な課題となっています。

メタボリックシンドロームという概念も生まれましたが、これらの言葉を借りるま でもなく糖尿病、高血圧、脂質の異常(高脂血症)などあらゆる動脈硬化を悪化させるものは総合的に治療する必要があります。

さて糖尿病の治療がうまくいっているかどうかについてですが、糖尿病学会より 「血糖コントロールの指標と評価」が示されており、この表の「優」か「良」を目指すべきと考えられています。

血糖コントロールの指標と評価

コントロールの評価とその範囲

指標 不可
不十分 不良
HbA1c(NGSP)(%) 6.2 未満 6.2~6.9 未満 6.9~7.4 未満 7.4~8.4 未満 8.4以上
↑+0.4%シフト
HbA1c(JDS)(%) 5.8 未満 5.8~6.5 未満 6.5~7.0 未満 7.0~8.0 未満 8.0以上
空腹時血糖値(mg/dl) 80~110 未満 110~130 未満 130~160 未満 160以上
食後2時間血糖値(mg/dl) 80~140 未満 140~180 未満 180~220 未満 220以上

治療成績

当院での糖尿病における治療成績をお示しいたします(定期的に6ヶ月以上通院している方)。糖尿病で良好とされるコントロールとは表に示す優、良とするのが一般的ですが、これらは25%程度といわれています。実際当院でも初診時に良好なコントロールは27.4%程度でした。治療後は62.5%の方が良好なコントロールとなっています。

治療目標達成度

不十分 不良 不可
初診時 6.40% 21.00% 14.50% 24.60% 33.50%
治療後 20.20% 42.30% 17.70% 14.10% 5.70%

治療後の平均ヘモグロビンA1Cは6.80%(NGSP)となっています。
次に初診時あまりコントロールのよくなかった不十分、不良、不可の方(72.6%)が治療によってどうなったかをみてみます。

不十分 不良 不可
初診時
全糖尿病患者に対する割合
14.50% 24.60% 33.50%
治療後
不十分、不良、不可の合計に対する割合
14.40% 40.60% 20.00% 18.30% 6.70%

全体の治療成績には劣りますが、それでも54.8%と半数以上の方が治療目標を達成できています。この方たちの治療後の平均ヘモグロビンA1Cは6.93%(NGSP)でした。

SGLT2阻害剤

2014年5月より、新しいカテゴリーの糖尿病治療薬が使用可能になりました。

既に世界40ヶ国以上で承認されており、今回日本でも承認された新しい薬剤です。

通常、腎臓ではグルコース(糖の一種)の約90%が再吸収されています。しかし、この薬によってグルコースの再吸収を抑制し、余剰なグルコースを尿中に排泄することで、血糖降下作用を発揮します。

忙しくて生活習慣が乱れやすい方、食事・運動療法をがんばっているがなかなか成果が出てこない方などに、新たにお試し頂けます。

※症状によってはご利用頂けない方もいらっしゃいますので、詳しくはお問い合わせ下さい。

ページトップへ