隠れ糖尿病

隠れ糖尿病とは

病院や健康診断では、ほとんどが空腹時に採血をして血糖値を測り、糖尿病を診断します。
しかしながら、空腹時の状態で血糖値が病気のレベルまで上昇するケースは糖尿病が非常に進行した状態になります。
軽度の場合では食後の2~3時間程度で血糖値が上昇する場合があるため、糖尿病の検査では見つかりづらい場合があります。

現在はこのような症状の「隠れ糖尿病」の方が増えています。
実際に「空腹時血糖値」の検査だけでは実は糖尿病患者の約過半数が検査に引っ掛からないという結果も出ています。
「隠れ糖尿病」は、気づかないうちに、いつのまにか重度の糖尿病に進行してしまう危険があるので注意が必要です。

隠れ糖尿病とは

食後の血糖値によって見つかった糖尿病の患者さんが全体の45%とかなり多く見られます。

こんどう内科クリニック